敏感肌におすすめ化粧水比較

敏感肌におすすめの化粧水を三種類、比較しながら紹介していきます。

比較していく三種類の化粧水はひとつめ、アルビオンのスキンコンディショナー(110ml、165ml、330mlの三種類あり、それぞれ公式ホームページより、3500円、5000円、8500円)ふたつめ、ロート製薬、肌ラボの極水(キワミズ)(400ml、オープン価格)、みっつめアベンヌのアベンヌウォーター(50g、150g、300gの三種類あり、公式ホームページには価格の記載なし)。以上のみっつの化粧水を比較していきます。まずアルビオンのスキンコンディショナーは上にあげたみっつの中では一番高価なものになります。

つけ心地はさっぱりしているのですが、スキンケア用品ででとろみがある物を嫌う方でも特に気にならない程度のとろみ、潤いがあり、日焼け後などに使ってもヒリヒリとすることなどはあまりないような低刺激のものになっています。またさっぱり感もあり、肌を潤しながら、肌を引き締めてくれるような化粧水となっています。ふたつめのロート製薬の極水は上にあげたみっつの中では最も価格が安く、コストパフォーマンスはとてもいいです。こちらはあまり潤いはありませんがお肌がつっぱることもなく、潤いをあまり重視されない方にはとてもおすすめの商品です。

同じくロート製薬の極潤ではとろみがありすぎていて、好きじゃないというかたにもおすすめです。最後にアベンヌのアベンヌウォーターです。こちらはスプレータイプのものですので、出先でも手軽に使えて、50gのミニサイズもあるので出かける時用と家用などサイズによって、場所を分けて使うことなどもできるのが魅力です。さらにとろみはあまりないにもかかわらず、潤いはつけた後しばらく持続します。また、温泉水100パーセントのものですので、不純物が入っておらずお肌にとても優しく、オーガニック思考の方にもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *