竹炭粉末と粘土粉末を比較、毛穴化粧水

毛穴に効く成分は植物や果実だけではないです。

「粘土」を化粧水に混ぜて毛穴に作用するように作られたアイテムがあります。粘土系の物質は比較的、パックに使う物だと思われがちですが、実際はそうなります。カオリンやベントナイト、レッドクレイは皮膚に長時間つけるとかゆみや刺激になるため、化粧水の添加に適しません。ですが、「ガスール」は違います。特殊な粘土になりますが、汚れを落としながら保湿する性質を持つのが強みです。

ガスールは輸入された粘土ですが、皮膚にほとんど負担を与えません。むしろ付けることによって、肌の水分量を上げますから、ローションやパックどちらにも使えます。髪に塗布してもキューティクルを破損させずに保護する働きがあるため、万能に等しいと言えます。カオリンやベントナイトと比較すると明らかにメリットが目立つのが強みです。他に毛穴に効く成分は「竹炭」です。炭自体は汚れを吸着する力に特化していて、肌の細胞を活性化させます。

マイナスイオンを放出していますから、これはガスールにはない作用です。比較すると保湿に関してはガスールが上ですが、汚れを吸着する力は竹炭が上と言えます。継続する力も竹炭の方が強いですが、その理由は肌に乗せている限りは効果が衰えないからです。皮膚にいる菌は分解できず、半永久的に吸着する力が持続する性質が強みです。化粧水に添加すると完全には混ざらないですが、パウダーが入った液体のような感覚で使えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *