エステや皮膚科で受けられるシミ治療の数々とは

人は肌に何らかの強い刺激を受けたり、あるいはケガなどの跡などがシミになって根強く残ってしまうことがよくあります。

これはいずれも外部からの刺激から皮膚を守ろうと肌細胞がメラニン色素を出すことから生じるもの。たとえばよくある例だと紫外線に頻繁にあたると、その刺激から肌を守ろうとメラニンが大量分泌されてしまうわけです。こうやって一度シミが残るとなかなか元には戻らないのが常で、改善するためには美容クリニックや皮膚科などで専門のシミ治療を受ける必要があります。シミ治療ではレーザーや薬品を使ったピーリングという手法がよく用いられます。

これはレーザーを患部に照射したり、薬品を患部に塗ったりすることによって肌の外面を焦がしたような形で損傷させ、それらがかさぶたとなって剥がれ落ちていくのを促すことで肌のターンオーバーを促進させます。施術後はダウンタイムと呼ばれる肌が一時的にダメージを受けたような状態になるものの、あえてこの状態を作り出すことで肌細胞がコラーゲンを分泌させて、これまで滞っていた新陳代謝ができやすい肌環境を作り出すことが可能となります。

かさぶたの下からはすぐに新しい肌が生えてきますし、こうやって何度か同じ治療を繰り返すことによってだんだんとシミの状態も色が薄くなってくるはずです。また、他にも肌のターンオーバーを促すにあたって専用の機器を使ってビタミンやイオンを患部に導入したり、あるいは点滴によって血中に美白のために必要な成分を注入したり、あるいは塗り薬などによって色素沈着を改善する方法もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *