バーベキューの味付け方法

###Site Name###

バーベキューの味付けは甘味と辛味、塩味が基本です。

焼肉用のタレを付けて食べる方法もありますが、食材が本来持つ味を楽しむのがバーベキューの醍醐味でもあります。

基本的な使い方を把握していれば、失敗を防げます。
まず甘味では焼く前に使うと食材を焦がしてしまうので、ソースやタレは焼いた後が良いです。
味付け肉には元々糖分を含んだ液ダレに漬け込まれているので、バーベキューには不適切です。


どうしても焼く前に甘味をプラスする場合は、焦げやすい砂糖を避けてハチミツを使います。


味噌や砂糖醤油は少し焦げができるのが美味しさのポイントなので例外となります。

素敵な多摩川のバーベキュー選びをサポートするサイトです。

次に辛味でバーベキューに使えるのは唐辛子です。
輪切りにすると焦げるのでパウダー状を使います。

FC2まとめの情報が欲しい方必見です。

ワサビやからしは辛味成分が揮発性なので、焼く前に付けると風味を損なう場合があります。

コショウは赤身肉にはホワイトペッパー、霜降り肉にはブラックペッパーがおすすめです。

山椒もバーベキューに適しており、食材や好みによって使え分けます。

炭火焼や網焼は脂が落ちるのと一緒に辛味成分も無くなってしまいます。



よって通常の1.2~1.5倍濃い味付けにしても問題ありません。

塩味に関しても、少ししょっぱいくらいがちょうど良いです。


エビなどの魚介類は海水の影響で塩味が強いので、通常の味付けが健康的です。

しょうがやにんにくは、香り成分が炭火に落ちて食材の香りを楽しめるので、積極的に使うと良いです。